デグー防災ネットワーク愛知 オフィシャルブログ

デグー防災ネットワークの活動についてお伝えします♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

事故実例(7) 落下事故 あずきちゃんのケース

しばらくぶりの更新になり申し訳ありません。
引き続き、事故実例報告をお届けします。


今回は、落下事故のご報告です。


名前: あずき
性別: メス
年齢: 約6ヶ月
飼育者: meg


◆事故の状況
我が家ではケージの周りを幅150cm×150cm・高さ90cmの柵で囲っています。高さ65cmの市販品の上部にプラ段を取り付けて高さを90cmにしたものです。これだけ高さがあれば飛び越えようとはしないだろうと思っていたのですが、ある日私の肩からジャンプし、プラ段に当たって下に落ちました。床一面にクッション性のある敷物をしてありましたので幸いケガはありませんでした。


◆再発防止策
落ちたことがショックだったのかその後肩からジャンプしようとしなくなりましたが、肩に乗ってきた時には姿勢を低くしたりジャンプされないように気を付けています。


「こんなことはしないだろう」「いつもは大丈夫だから」そんな飼い主の思い込みは、時として事故につながる場合があります。


今回のケースは「もしも」に備えて、床にクッション性のある敷物をしていたために、怪我を防ぐことができました。


事故の発生を防ぐ努力は必要ですが、100%防ぐことはできません。「もしも、事故が起こってしまった場合」に備えて、対策を施しておくことも、重要ですね。



クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村


デグー防災ネットワークに参加しませんか?
詳しくはサイドバーのリンクから、各支部の説明をご覧ください。

スポンサーサイト
[ 2015/11/24 10:52 ] 事故実例報告 | TB(0) | CM(0)

事故実例 (6)  温度管理 ベビーのケース

先月に引き続き、げっしー祭2015のパネル展示で発表しました「事故実例報告」に掲載した各事故事例を、より詳しくご紹介して参ります。

第6回目は、温度管理についてのケースをご紹介します。


名前: 名付け前
性別: オス、メス
年齢: ベビー
飼育者: まめちゃん


◆事故の状況
仔デグが生まれた時に増設したヒーターの電源口が足りなかったため、スイッチで元電源をオンオフに出来る延長コードを購入。常にオンにした状態であったにも関わらず、ヒーターの電源が切れていました。購入して間がなかったので交換依頼をしようと故障を確認したところ、電源の差し込み口付近で絡んでいたコードがスイッチに触れて上から押されたようになっており、電源がオフになっていました。


◆再発防止策
延長コードを使用する際には面倒がらずにきちんと整理し、不用意にボタンに触れることのないよう配置しました。



9月に入り、随分と涼しくなってきました。衣類で温度調節ができないデグーにとって、季節の変わり目の急激な気温の変化は、人間が思っている以上の負担となります。この時期、低体温症で体調を崩したり、最悪のケースには命に関わる事故が発生しやすくなります。そろそろ、ペット用ヒーター等の暖房設備の準備をされた方がいいでしょう。

ペット用ヒーターを使用の際には、上記でご紹介したような思いがけない事故が発生する場合もあります。断線や、電球タイプの場合には球切れや、ソケットのゆるみによって、暖房として機能しない事もあります。不具合個所が無いか、朝晩チェックする等の習慣をつけ、適切な温度を保つことができるように注意しましょう。



クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村


デグー防災ネットワークに参加しませんか?
詳しくはサイドバーのリンクから、各支部の説明をご覧ください。

[ 2015/09/08 00:35 ] 事故実例報告 | TB(0) | CM(0)

事故実例 (5)  踏み潰し ライラ&ベビーのケース

8月は、デグーの日月間としまして、げっしー祭2015のパネル展示で発表しました「事故実例報告」に掲載した各事故事例を、より詳しくご紹介しております。

第5回目は、掃除中に発生した、飼育用品による踏み潰しのケース2例をご紹介します。


事例1

名前: ライラ
性別: オス
飼育者: ライラ


◆事故の状況
掃除のためへやんぽに出していたら、動かしたケージの下敷きになりました。しばらく気付いてやれなくてビックリしました。使っていたケージのサイズはラビットケージ760(W760×D535×H560、重量8.5キロ)掃除中だったので中はあまり入っていない状態でした。ケージの真ん中くらいで、デグーの体全体が下敷きになりました。
掃除のために持ち運んだ際に、テグーが散歩中なのに、不注意で下を確認せずに移動させて下敷きにしてしまったみたいで、時間は多分数分くらいです。異常はみられず無事でした。


ライラ君踏み潰し事故(ライラ) 

事故時に使用していたケージ



事例2

名前: 名付け前
年齢: 生後1週間
飼育者: ライラ


◆事故の状況
掃除で少し動かしたパネルヒーターの下敷きになりました。1匹たりない?と思ったら、ヒーターの下敷きになっていました。
異常はみられず無事でした。


◆再発防止策
気をつける。
お恥ずかしいですが、ただ飼い主の不注意です。でも、ちょっとしたその不注意などが命とりになってしまうくらい、もろい時もあります。
気付くのが遅ければ亡くなってしまう確率もかなり高いです。デグーはホントによく飼い主の周りをうろうろ遊ぶので、飼い主は常に注意していないと危険がたくさん潜んでいると感じます。少しでもそんな不注意な事故を避けることができればと願います。



前回に引き続き、踏み潰し事故のケースですが、今回の2例はケージの掃除中に発生したものでした。幸い、大事には至りませんでしたが、一歩間違えば飼い主さんも仰っている通り「命取り」になりかねません。

掃除中は、物の移動が多くなります。また、作業をしながら、散歩中のデグーをずっと見守る事も不可能です。

掃除の際には、キャリー等に一時待機してもらうようにすれば、事故を未然に防ぐことができます。片手間ではなく、きちんと見守れる時に、お散歩させてあげましょう。





クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村


デグー防災ネットワークに参加しませんか?
詳しくはサイドバーのリンクから、各支部の説明をご覧ください。

[ 2015/08/29 01:00 ] 事故実例報告 | TB(0) | CM(0)

事故実例 (4)  踏み潰し りんちゃん&るんちゃん、くーちゃんのケース

8月は、デグーの日月間としまして、げっしー祭2015のパネル展示で発表しました「事故実例報告」に掲載した各事故事例を、より詳しくご紹介しております。

第4回目は、踏み潰しのケースを2例ご紹介します。


事例1

名前: りん、るん
性別: メス
年齢: 2歳
飼育者: くまぱぱ


◆事故の状況
放牧している時に踏みそうになった。思いがけない所にいたり、思いがけない動きをしたり・・・


◆再発防止策
放牧は範囲を決めて!放牧した時は、人は必要以上に動かない。


事例2

名前: くー
性別: メス
年齢: 2ヶ月
飼育者: sea


◆事故の状況
お迎え1カ月の頃、人好きな子で部屋にだすとずっと足にまとわりついてくるので、すり足で移動していました。付いてまわるのが楽しかったのか、飼い主の足に奇襲をかけてきて、びっくりして思わず足をひきました。デグーの位置を確認して、足を着地させようとしましたが、本デグもびっくりして足の後ろに回ってきてしまい、「このままだと踏み潰すっ!」足の感覚でさらに避けはできたものの、デグの前足を軽く踏んでしまいました…その後はぴったりついてくることはなくなったのですが、今でも歩けばついてはくるので気を付けています。


◆再発防止策
立つときはくーちゃんに声をかけて位置を確認、顔を見ながら移動する。



踏み潰しは、デグーでは非常に多い事故ではないでしょうか?部屋に放して散歩をさせる習慣の方も多いと思いますが、人懐っこく、動きの素早いデグーは、思いもよらないスピードで人の足元に寄ってくることが多々あります。

踏み潰し 

今回の2例は幸いにも大事には至りませんでしたが、運悪く怪我を負わせてしまったり、死亡してしまったりといった事故も度々耳にします。犬や猫の感覚で、室内フリーにすることは大変危険です。相手はとても小さなデグーであることを忘れずに、部屋に放している最中は、注意を怠らないようにしましょう。



クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村


デグー防災ネットワークに参加しませんか?
詳しくはサイドバーのリンクから、各支部の説明をご覧ください。

[ 2015/08/22 00:28 ] 事故実例報告 | TB(0) | CM(0)

事故実例 (3)  誤飲 くーちゃんのケース

8月は、デグーの日月間としまして、げっしー祭2015のパネル展示で発表しました「事故実例報告」に掲載した各事故事例を、より詳しくご紹介しております。

第3回目は、誤飲のケースです。


名前: くー 
性別: メス
年齢: 7か月
飼育者: sea


◆事故の状況
睡眠導入剤1錠と精神安定剤3~4分の1錠(共に錠剤・どちらも軽微な人間の処方薬)を食べてしまいました。

毎日掃除をしてるとの過信が原因です。床上2cm程の棚の下に落ちていたようで、気づいた時には1つ食べ終え、次をかじっていたところをとりあげました。

日曜日の18時半過ぎで診てくれる獣医さんを見つけるまでに1時間以上。電話での初期対処として、呼吸が停止した場合のつまり防止に水・食べ物を与えない。 病院では生理食塩水を皮下注射(脱水症状防止) 帰ってからは体温低下防止に温める事(段ボールに彼女の布団を入れてホットカーッペトの上に3分の2ほど設置するようにしました)経過観察でした。※念のため、心肺停止時の蘇生方法も教えて頂きました。

ヨロヨロしながらも調子が悪いのがわかっているからか普段以上に逃げ回り、なんとか捕まえ、病院に走り、段ボールのそばで常に呼吸の確認、深夜3時ころ水がやっと飲めるようになり段ボールから出たいとせがまれ、ヨタヨタと一目散に大好きな床上10cm程チェストの下へ(すぐ隣に飼い主の布団)腕を差し出すと上体を預けてくるので明け方まで動かずにうとうとしつつも経過観察。朝8時頃には薬が抜けたらしく大好きなバミューダを食べ始めたのでペレットも3つほどあげて、更に1時間後にいつもの量のペレットが食べられるように。その後も1週間ほどいつもと何か違いはないかとハラハラしてました。

彼女の体力や生命力で助かったのか、軽い薬だったからヒヤッとで済んだのかはわかりませんが、ヒト用の薬は小さな体にどんな脅威になるか計り知れません。今でも涙が出るほど怖い体験でした。もっと強力な薬だったらと想像に耐えません。人懐っこく好奇心旺盛であるからこ愛しく。それゆえに危険が沢山あるのだと教訓になりました。


◆再発防止策
棚の下を懐中電灯などで定期的に掃除も含めて何か落ちていないか確認しています。


sea くー

今年の3月、無事に初節句を迎えて、桃の花に興味津々のくーちゃん。素早い対処のおかげでこうして元気を取り戻すことができて、本当に良かったですね。


デグーを部屋に放して散歩させている飼い主さんも多いと思います。部屋の中に誤飲されて困るものは無いか、散歩の前によく確認しましょう。タバコ、殺虫剤や殺鼠剤、チョコレート等の人間用の食べ物、喉に詰まらせる可能性のある小さな固形物(ビーズ等)も危険です。小さな体で、狭い隙間にも入っていってしまうため、今回のような飼い主の目が届かないような所に危険な物が隠れている場合もあります。リスクを下げるために、サークル等でエリアを区切って散歩させるのも良いでしょう。また、ケージ内で十分な運動量が確保できれば、散歩は必須ではありませんので、ケージ内を充実させて散歩はさせないという選択肢もあります。




クリックで応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村


デグー防災ネットワークに参加しませんか?
詳しくはサイドバーのリンクから、各支部の説明をご覧ください。

[ 2015/08/18 01:19 ] 事故実例報告 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

デグー防災ネットワーク愛知

Author:デグー防災ネットワーク愛知


愛知を中心に活動する、デグー飼いのための自助グループです。困ったときは助け合おう!を合言葉に、ご近所同士だからできる情報交換や助け合いをしています。

最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。